旧小川家酪農畜舎 補修工事の記録


 2017年、開拓の村では北海道による展示建造物等の改修工事が行われます。 

 工事による休館は特に予定しておらず通常通り開館しますが、工事中、通行や見学に支障が出る場合がありますので何卒ご了承ください。

 これら工事が完了しますと、今後、様々な体験イベントを充実することができ、また見学にも利便性が充実するなど、開拓の村の魅力がますます増えます。これからの開拓の村を今まで以上にご期待ください!


 ◆旧小川家酪農畜舎 改修工事
  工  期:2017年8月末〜
  工事内容:老朽化等で壊れた屋根を含む展示建造物を大幅に改修。
       諸外国の酪農技術や知識に学んだ明治・大正の北海道を知ることができる内部展示・体験ブースを整備します。
 ◆旧小川家酪農畜舎 データ
  旧所在地:札幌市清田区平岡公園
建築年代:大正後期
面  積:畜舎:254.49u、サイロ:14.04u
構  造:畜舎:木造二階建、サイロ:石造
収  集:1986(昭和61)年
復  元:1988(昭和63)年
 この畜舎は、大正末期に札幌農学校出身の小川三策が、 アメリカから取り寄せた設計図を参考にして建築したものです。
 19世紀のアメリカで発達したバルーンフレーム構造が特徴です。
 なお軟石サイロは、のちに厚別の農家より譲りうけて移築したものです。

破損前の小川家酪農畜舎1階

破損前の小川家酪農畜舎2階
バルーンフレーム構造
 ◆工事の記録
    大規模な補修工事となりますので、周辺を立ち入り禁止にします。また、外観・内部をご見学することはできません。
  皆様のご理解とご協力の程よろしくお願いします。
  こちらでは間近で見ることができない工事の様子をお伝えしています。(※写真の無断使用は出来ません)

●2017年9月22日 解体作業

@ 西側の壁、柱が撤去され始める

A 東側の様子。柱はまだ撤去されていない

B 柱が撤去された西側の1階外から、牛房がみえる

●2017年9月20日、21日 解体作業

C 牛房の様子

D 北側から牛房をみる(奥の板で囲まれたところは子牛室)

E 正面畜舎(西)側

@ 新しい材料が搬入される

A 1階の様子(奥に牛房がみえる)

B 1階給餌通路 内壁のコンクリートも外される

●2017年9月19日 解体作業

@ 明るくなってきた1階内部

D 1階の内側の板も撤去された(西側)

B 裏側の内側の板も撤去されている

●2017年9月13日 解体作業

C 北東側より上から見た様子

D 1階の下見板は全て撤去された(東側)

E 内壁の板が上部と下部で構造が違う(板の幅)

@ 1階天井の板を取り空が見える(畜舎内東側)

A 同じく畜舎内西側

B 南東側より上から見た様子

●2017年9月11日 解体作業

2階床板を全撤去(畜舎南東側より)

1階の天井も解体していく(北東側より)

1階下見板も撤去していく(西側)

●2017年9月7日 解体作業

2階下見板などを撤去中(畜舎南東側)

1階天井にあった換気孔の構造も見える(中央)

2階下見板を撤去した様子

●2017年9月6日 解体作業

2階扉枠や柾屋根などを撤去中(畜舎南東側)

下見板も取り外されていく(畜舎南西側)

●2017年9月5日 解体作業

9月5日朝 覆っていたシートやベニヤ板が剥がされ
2階床がみえてきた(畜舎南東側)

9月6日朝 2階床板を剥がした状態に(畜舎南東側)


●2017年9月3日 足場完成、9月4日 解体開始

解体作業が始まる(畜舎南東側)

同じく北東側

足場完成(正面サイロ側)

足場完成(正面畜舎側)

●2017年8月31日 足場設置

夕方、足場はサイロの上部まで、手前には低い足場も

まもなく全体が足場で覆われる

昼、一段目の足場が出来てきた(正面サイロ側)

同じく昼、(正面畜舎側)

朝の様子(正面サイロ側)

朝の様子(正面畜舎側)

●2017年8月30日 工事フェンス設置

トラック到着

周辺を立ち入り禁止にするためフェンスを設置

農村群の一部を通行止めにします

●2017年8月25日 工事前

補修工事を行う小川家酪農畜舎(正面・東側)

正面・西側

裏・西側

裏・東側


旧小川家酪農畜舎以外の工事予定
●馬車鉄道 軌道延伸工事、車両補修工事
  工期 11月頃〜翌年3月頃予定
  内容 皆様が見学しやすい環境を充実するため軌道(線路)を延伸し、老朽化した車両をメンテナンス。

●吊り橋 改修工事
  工期 夏以降
  内容 老朽化によりしばらくの間通行止めの処置をとっていましたが、市街地・山村群をつなぐ利便性を重視し改修工事を実施。

●案内看板・建造物解説板整備
  工期 夏以降予定
  内容 昨今増加している海外観光客の方へ、北海道の歴史や建造物をより詳しく知っていただくため、
     また村内をスムーズに見学していただくため多言語表記を整備。

●インターネット環境整備
  工期 夏以降予定
  内容 今までは札幌停車場付近のみ使用できたWi‐F@環境をほぼ全域に拡大。

●トイレ洋式化工事
  工期 10月頃〜翌年3月頃予定
  内容 村内のトイレの多くは、和式タイプが多くご不便をおかけしておりましたが、洋式トイレを多く整備。
 


トップページに戻る