板返し
 江戸時代から見られる古い玩具で、板面に歌舞伎役者の家紋等が描かれていたので「団十郎のからくり屏風」と呼ばれていました。一端を手に持ち、下げると板の表面が現れ、手を返すと板が転じて、今度は逆に板の裏面が上から順々に出てくる不思議な玩具です。地方によって「ペタクタ」「隠れ屏風」「カッタリカッタリ」などと呼ばれています。

【遊び方】
 手首の返しで板を左右にひっくり返しながら遊ぶ。パタパタと音が鳴るのが特徴です。

前のページ(もよおしもの)に戻る