旧菊田家農家住宅補修工事の記録


 2017年、開拓の村では北海道による展示建造物等の改修工事が行われます。 

 工事による休館は特に予定しておらず通常通り開館しますが、工事中、通行や見学に支障が出る場合がありますので何卒ご了承ください。

 これら工事が完了しますと、今後、様々な体験イベントを充実することができ、また見学にも利便性が充実するなど、開拓の村の魅力がますます増えます。これからの開拓の村を今まで以上にご期待ください!




 ◆旧菊田家農家住宅 改修工事
  工  期:2017年7月4日〜11月頃
  工事内容:屋根、柱、梁、外壁、塗装、建具等の補修
  整  備:
北海道の農業の歩みを学び、地域の伝統文化、日本文化を知ることができる内部展示、体験ブースを整備します。

 ◆旧菊田家農家住宅 データ
  旧所在地:江別市西野幌
  建築年代:1893(明治26)年頃
  面  積:129.05u
  構  造:木造平屋建(小屋裏二階)
  収  集:1986(昭和61)年、復元:1988(昭和63)年
 ◆工事の記録
  大規模な補修工事となりますので、周辺を立ち入り禁止にします。また、外観・内部をご見学することはできません。
  皆様のご理解とご協力の程よろしくお願いします。
  こちらでは間近で見ることができない工事の様子を、お伝えしています。


●2017年7月19日 出桁、化粧梁解体

I 柾屋根も外して・・・
 
J 屋根の下の梁(中央)も外していく
 

F 化粧梁も外す(中央)
 
G 外した化粧梁の部分(アップ)
 
H 外された化粧梁

C 出桁を外した2面
 
D 全て外した出桁
 
E 折れていた梁

@軒回りの「出桁」を取り外していく
 
A出桁を一本一本丁寧に外す
 
B一本の出桁を外した状態


●2017年7月18日 屋根組解体 準備

C @と同じ位置、外した状態
 
D Aと同じ位置、外した状態
 
E 足場には外した板が・・・

@明日から、傷んだ梁などの取替え作業。
 その前に、軒回りの板(軒天板)を外す
 
A再び同じ位置に取り付ける為、番号を付け・・・
 
B一枚一枚丁寧に外していく

●2017年7月17日 茅葺屋根 解体作業3日目

F14:30頃 今日はここまで 西側と正面の屋根
 
G14:30頃 裏側の屋根
 
H14:30頃 東側の屋根

C12:20頃 屋根裏部屋から見た屋根かご
 
D12:20頃 Cの隣の部屋から屋根かご
 
E12:20頃 垂木(縦)、屋中(やなか・横)もきれいに

@8:40頃 今日は解体作業から出た埃などの清掃
 
A8:40頃 茅の残りなども丁寧に除きとる
 
B8:45頃 結構な量の茅や埃の残りが出る

●2017年7月16日 茅葺屋根 解体作業2日目

L屋根裏部屋から棟を望む
※解体した茅は青森県産(移築時に葺いた茅)
 
M荒縄だけで屋根の骨組みが作られている
おそらく移築した際に記された方角を示す札(右下)
 
Nすっきりした軒先(7/10と比較してみてください)
 以前は手前の梁から約55cm出ていた

I17:00頃 今日で茅葺は全て解体 西側・正面の屋根
 
J17:00頃 正面と東側の屋根
 
K17:00頃 屋根裏(蚕室)も丸見え(左側屋根から)

F13:50頃 西側と正面の屋根 正面は終了
昼に大雨が降り屋根の隙間から雨が漏れたため
 防水シートを張っています(白い幕)
 
G13:50頃 正面の屋根と東側の屋根
 
H13:54頃 裏側の屋根から正面を望む

C10:20頃 西側と正面の屋根
 
D13:40頃 正面と東側の屋根
 
E13:40頃 屋根下も見えだした

@8:40頃 昨日の続きから 西側と正面の屋根
 
A8:40頃 正面と東側の屋根
 
B8:50頃 暑さ、埃と戦いながら職人さんは黙々と

●2017年7月15日 茅葺屋根 解体作業

I16:40頃 今日はここまで 〜正面〜
 
J16:40頃 〜裏側〜
 
K16:40頃 茅葺が無くなった裏側の屋根

F15:27頃 正面の屋根の様子
 
G15:28頃 裏側の屋根の様子 半分以上解体
 
H15:37頃 裏側の屋根 とうとう最後の一段目に

C13:40頃 正面の屋根の様子
 
D13:40頃 裏側の屋根の様子
 
E13:40頃 裏側の屋根、屋根組が見えてきた

@8:10頃 棟の茅を取り外し
 
A8:15頃 正面と裏面の屋根の茅を解体
し始める
 
B10:14頃 解体した茅は処分、再利用に分ける

●2017年7月14日 茅葺屋根 解体作業

本日午後、宮城県から職人さん(専門業者)が
トラックで到着
 
明日からの茅葺屋根解体に向けて資材を搬入
(十数本もの丸太は足場に使用するとのこと)
 
軒下には養生用のシートが張られる

●2017年7月14日 内部展示資料 搬出作業

資料が搬出され、ガランとした室内
 
ダイドコロも・・・
 

●2017年7月13日 内部展示資料 搬出作業

本格的な工事を前に資料を搬出 〜農機具〜
 
衣類資料もクリーニングしながら丁寧にたたみ梱包
 
梱包された資料類 明日、搬出する予定

●2017年7月11日

茅の取り外し作業用の綱がつけられた
 
棟の覆いを取り外す
 
覆いを取り外した棟の様子

●2017年7月10日

屋根の茅葺を取り外す作業用の綱の設置の前に・・・、
現在の覆いの中の様子
 
茅葺屋根の軒先の作業に必要な足場。
軒先の下まで足場が・・・どのように使われるのか?
 
建物の中にも足場を設置。
屋根裏の作業に使用とのこと

●2017年7月8日

前面にも幕を設置
 
裏側にも。これからの工事で雨風から守るため
建物をすっぽりと覆う
 
前面にせり出した足場。ここで材料や下した茅などの
仮置き場として使用するとのこと

●2017年7月7日 屋根設置

トラックから2種類(長さが違う)屋根の鋼材をおろす
 
ジョイントした屋根の鋼材を足場の上へ
 
屋根と左右の幕を設置完了。本日はこれにて終了

●2017年7月6日 足場設置 3日目

高さ約11メートルの足場
 
クレーン車で屋根の土台の鋼材を設置
 
遠方から見た工事現場。クレーンの高さも圧巻

●2017年7月5日 足場設置 2日目

先日の続きから
 
建物を覆うぐらいの高さに
 
裏側も。本日で周りの足場は完成予定

●2017年7月4日 足場設置

足場を積んだトラックが到着
 
建物の周りに足場を組み始める
 
夕方、足場は4段目まで

●2017年7月1日 工事前

補修工事を行う菊田家農家住宅(正面・南側)
 
西側
 
裏側(北側)
         

東側 〜数年前から梁を補強している〜
 
菊田家のダイドコロ
 
菊田家の内部
         

菊田家の内部
 
土間にある農具
 
         

傷んでいる茅葺屋根
 
1階から見える屋根の裏側
   


旧菊田家農家住宅以外の工事予定
 ●小川家酪農畜舎 改修工事
   工期 夏頃〜翌年2月頃予定
   内容 老朽化等で壊れた屋根を含む展示建造物を大幅に改修。
      諸外国の酪農技術や知識に学んだ明治・大正の北海道を知ることができる内部展示・体験ブースを整備。

 ●馬車鉄道 軌道延伸工事、車両補修工事
   工期 11月頃〜翌年3月頃予定
   内容 皆様が見学しやすい環境を充実するため軌道(線路)を延伸し、老朽化した車両をメンテナンス。

 ●吊り橋 改修工事
   工期 夏頃〜11月頃予定
   内容 老朽化によりしばらくの間通行止めの処置をとっていましたが、市街地・山村群をつなぐ利便性を重視し改修工事を実施。


 ●案内看板・建造物解説板整備
   工期 夏以降予定
   内容 昨今増加している海外観光客の方へ、北海道の歴史や建造物をより詳しく知っていただくため、
      また村内をスムーズに見学していただくため多言語表記を整備。


 ●インターネット環境整備
   工期 夏以降予定
   内容 今までは札幌停車場付近のみ使用できたWi‐F@環境をほぼ全域に拡大。

 ●トイレ洋式化工事
   工期 10月頃〜翌年3月頃予定
   内容 村内のトイレの多くは、和式タイプが多くご不便をおかけしておりましたが、洋式トイレを多く整備。
 


トップページに戻る