野外博物館北海道開拓の村 特別展
表現革命 北海道の画学事始め

 会 期:2017年7月14日(金)〜8月27日(日)
 会 場:北海道開拓の村 旧開拓使札幌本庁舎2階ホール
 料 金:北海道開拓の村入場料金のみ
       (一般800円、大学生・高校生600円)
       ※65歳以上の方、中学生以下の子ども、障がい者手帳をお持ちの方は無料
       ※高校生に限り土曜日の入場は無料


 
 

チラシデータはこちらからご覧ください(PDF)


展示会関連イベント
 @関連展示「北海道開拓の村児童写生会歴代優秀作品展」
 期間:平成29年7月14日(金)〜8月27日(日)
 内容:1983(昭和58)年の開村より続く計34回の北海道開拓の村児童写生会
    特別賞受賞作品を一堂に展示します。
 場所:市街地群 旧北海中学校
   

 A関連展示「平成の「生れ出づる悩み」展」
 期間:平成29年7月14日(金)〜8月27日(日)
 内容:35歳以下を対象とした『平成の「生れ出づる悩み」コンテスト』。
    作品を含む作家活動の審査に加えて、若手芸術家が抱えている制作に対する考え、
   また制作や発表にまつわる悩みといったテキストも審査対象となっている独特のコン
   テストで、2016年度入選者の作品と歴代入選者の賛助出品作品を展示します。
    青年時代の木田金次郎が、自らの境遇や絵画制作に悩んでいる時、偶然に札幌・豊
   平川畔の有島の住まいを見つけて、訪問したことがモデルとなった小説『生れ出づる
   悩み』に由来するこの展覧会と開拓の村の建造物からも、北海道の美術を感じて頂け
   ると幸いです。
 会場:旧札幌停車場第1ホール、旧開拓使爾志通洋造家、
    旧有島家住宅、旧札幌農学校寄宿舎
   

 B関連講演会「平成の「生れ出づる悩み」展と有島・木田の交流」
 1)有島編 7月29日(土) 13:30〜15:30
   講師 伊藤大介氏(有島記念館主任学芸員)
 2)木田編 8月19日(土) 13:30〜15:30
   講師 岡部卓氏(木田金次郎美術館学芸員)
 内 容:有島武郎の代表作の一つ「生れ出づる悩み」。教科書にも使用され多くの人に影響
    を与えたこの作品について、作者有島武郎、画家のモデルとされる木田金次郎の交流
    について、それぞれの視点から紹介頂きます。
 各定員:200名(事前に申し込まれた方は入場無料)
 場 所:北海道開拓の村 ビジターセンター講堂
 申込先:北海道開拓の村 011-898-2692

 C学芸員トーク特別展「有島巡りプレミアムツアー」
 日時:@7月23日(日) A8月11日(金) 10:30〜12:00
 内容:当館学芸員の案内で有島武郎の作品に登場する建造物をめぐります。
    普段は立ち入りを規制している部屋も訪れるプレミアムツアーです。
 各定員:10名(先着順)
 場所:市街地群
 料金:開拓の村入場料必要
 申込先:北海道開拓の村 011-898-2692

 D日本画を描こう
 日時:8月2日(水) @10:30〜11:30 A13:00〜14:00 B14:30〜15:30
 内容:普段は挑戦する機会はもちろん、目にする機会も少なくなっている「日本画」。
    独特の画材や技法の初歩を学びながら、小さな作品づくりに取り組んでみましょう。
 各定員:小学校4年生以上10名
 会場:旧武井商店酒造部
 料金:開拓の村入場料必要
 申込先:北海道開拓の村 011-898-2692
 

≪主   催≫
一般財団法人北海道歴史文化財団

≪協  力≫
北海道博物館、北海道立教育研究所、北海道教育大学札幌校、
北海道教育大学付属図書館、有島記念館、木田金次郎美術館、札幌大谷大学

開拓の村トップページにもどる